オリモノが黄色いうみとなると、臭いだけでは止まらなくなります。先ほど話したように、確かにメトロニダゾールの力を借りることで、今まで悩んでいた悪臭を抑えることはできます。しかし、トリコモナスのように痒みが起こったり、淋病に繋がる恐れもあるために、プールや性行為を行った後は、風呂に入り綺麗に陰部を洗うことが大事です。

たとえば、淋病が発症した場合、オリモノが黄色い海のようになります。

量が多く、悪臭を伴うとともに、お腹の痛みや排尿筒といった見た目な臭いの悩みだけでなく痛みが起こってしまうために清潔感を意識しなくてはいけません。

どうしてこのような症状が起こるのかというと、淋病の原因である淋菌によって感染し、成功感染が主な原因として起こるからです。男性も尿道炎になり、黄色い海が出てから、排尿時に痛みを伴いますので、男性側が先に発症し、そこから、徐々に女性へと感染が広がることがわかっています。

どちらが先で、どちらが後というのはあまり関係ないとは思いますが、なにはともあれ、普段とは違う違和感、臭いやかゆみ、痛みを感じた場合は、メトロニダゾールの医薬品や、他のかゆみ止め、鎮痛剤の服用、淋病に関する治療薬の仕様となりますので、病院に通院をすることをおすすめします。