オリモノとトリコモナス

性器にも匂いがあって当たり前なので、そんなに悩むことはないと思いますが、わかって入るのですが、やはり気になるものです。だから、最低限のケアとしてメトロニダゾールを服用し、嫌な匂いがオリモノから放出されないように防ぐわけなんです。

外陰部の臭いを気をつけたいのはオリモノがいつもと違う匂いを発するからであり、おりものは陰部の部分から半透明の液を放出し、そこから嫌な匂いが漏れてくるわけです。

メトロニダゾールは、この嫌な部分を抑えてくれるわけなんですね。

しかし、オリモノは臭いだけがトラブルだけでなく、他にもありますて、それがトリコモナスと呼ばれる黄色や黄緑色のオリモノが放出された時です。

臭いとしてはかなりの悪臭で、外陰部の痒みが現れ、トリコモナス原虫により、感染したことで起こるとされます。

どうしてこのようなことが起こるかというと、たとえば異性との性行為、プールなどで感染することがわかっています。

外陰部の痒みが起こり、そこから徐々に赤い炎症などが現れて、臭いに繋がるわけなんですね。

メトロニダゾールはニオイ対策には効き目がありますが、痒みなどでは他のクリームイや飲む薬の力を借りる恐れがあります。まずは、原因を調べてから、対処法を見つけることが先決になります。