おりものは、女性なら誰しも起こる症状の一つ。
子宮頸管や陰口の近くにある分泌量から出た、粘膜や分泌液が混ざり合ったものをオリモノといいます。

陰や子宮に雑菌があるのを防いだり、排卵前には子宮頸管から分泌されるねね木を増やして受精を助けるはたらきがあるわけです。

このオリモノがあるからこそ、菌を防いでくれるし、もしオリモノがなければ、とんでもないことに。

基本的に、普通のオリモノの色は、透明。
年度は、生理周期によって変わりますが、一般的には水ののりのような状態。それから、半液体まで変化します。

色も半透明からクリーム色まで幅がありますが、下着に付着して乾燥すると固まったり黄色っぽくなったりますがが、これくらいなら心配なく、普通だそうです。

量としては、女性ホルモンのエストロゲンと深い関わりがあり、エストロゲンの分泌が少なくなると、生理の前後はオリモノも少なく殆ど気づかない人もいるそうです。

これくらいの量が一番いいかと思うのですが。

排卵が近づいてエストロゲンの分泌量が少なくなるオリモノも増加。この時間は卵の白身のように透明で指に取ると長く延びる。これは排卵のサインと妊娠計画に役立つこともある事もできますね。