色々と調べると、たくさんのオリモノ対策があるものです。
私は、メトロニダゾールの薬を服用していましたが、実は軟膏タイプもあるそうです。

もし、副作用のことが心配なら、軟膏を使うのがいいのかもしれませんね。
服用タイプは、他の薬と比較して副作用は少ないそうです。でも、ちょっとしたことなんですが、「薬の味が少し苦い」・・・。

別に、薬は食べるものではありませんが、口の中に入れると、多少の苦味を感じることが有ります。水や白湯をタップリと飲めば、苦味を薄くすることができますが、できることなら、苦い味を感じることなく服用したいもの。

そこで、メトロニダゾールの軟膏「ロゼックスジェル」を使うわけですね。

主要成分が、メトロニダゾール0.75パーセンtの配合しているために、治療抗原虫剤として使われています。
こちらはジェルタイプなので、直接陰部に塗ることで、ニオイの原因である菌を死滅してくれるわけですね。

この軟膏は、あくまでもトリコモナ症状の治療として皮膚科などで処方されています。
しかし、私が悩んでいるおりも、トリコモナ症状だけでなく、他にも「ニキビ、赤面症、赤ら顔」などにも効果が期待できるそうです。

特に多いのが女性に多い酒さで、中年以降に主として顔面に生じる原因不明の慢性炎症性疾患、この酒さの対策としても使われているそうです。

ロゼックスジェルの詳細についてはこちら >>